現在進行形で未来を表す時もある

英語で挨拶5

今回はbe動詞+動詞ingは現在進行形「(今)〜しています」と学校で習ったと思います。

しかし、be動詞+動詞ingで未来のことを表すことがあります。

すでに決まっている事、予定されている事を表現する場合、be動詞+動詞ingで未来を表します。

例えば、I’m having a meeting on Thursday.「木曜日に打ち合わせがあります」

もうすでに打ち合わせが決まっている場合は、このように現在進行形で未来を表します。

それでは会話文を見てみましょう。

 

あいさつ5

A: Are you leaving for India tomorrow?
明日からインドへ出発するんですか?

B: That’s right.
そうです

A: Have a safe trip!
気をつけて旅行に行ってきてください!

B: Thank you.
ありがとうございます

A: See you when you get back.
戻ってきたら会いましょう

B: OK. Bye.
はい。さよなら

解説:
leave for ~「〜へ出発する」
That’s right.「そうです/そのとおりです」
get back「戻る」

利用者10万人突破している英会話アプリでは英語→日本語→英語の音声が聞けるので空き時間に聞くだけで英会話が上達します

↓アプリのサンプルはこちら

ネイティブ1000人と作った英会話公式HP
https://english-native1000.com

実践的なリスニング力とスピーキングを短期間で上達したい方は利用者1万人突破している英会話教材「This is 英会話」がおすすめ!

↓サンプルはこちら

「This is 英会話」販売ページ
https://www.thisiseikaiwa.com