「どういたしまして」を英語で言うと?

英会話テクニック
今回は「どういたしまして」を英語で紹介します。いろんな言い方がありますが、No problem.やYou’re welcome.が使われます。どちらも「どう致しまして」という意味です。You’re welcome.の方が少し丁寧です。
それでは会話文を見てみましょう。

A: I’m sorry. Could you say that again?
ごめんなさい。もう一度言っていただけますか?

B: Sure thing. I said “You’re welcome.”
いいですよ。「どういたしまして」と言いました

A: I’m sorry. Could you speak more slowly?
すみません、もう少しゆっくり話していただけますか?

B: I said “You’re welcome.” Was that OK?
「どういたしまして」と言いました。このくらいで大丈夫ですか?

A: Yes, thanks.
はい、ありがとうございます

B: No problem.
どういたしまして

解説:
Could you ~?「〜していただけませんか?」
say「言う」
again「もう一度」
I said ~「〜と言った」
speak「話す」
more slowly「もう少しゆっくり」

利用者10万人突破している英会話アプリでは英語→日本語→英語の音声が聞けるので空き時間に聞くだけで英会話が上達します

↓アプリのサンプルはこちら

ネイティブ1000人と作った英会話公式HP
https://english-native1000.com

実践的なリスニング力とスピーキングを短期間で上達したい方は利用者1万人突破している英会話教材「This is 英会話」がおすすめ!

↓サンプルはこちら

「This is 英会話」販売ページ
https://www.thisiseikaiwa.com