That sounds ~または sounds ~を紹介

大学生が使う英会話

今回はsounds 〜を紹介します。That sounds 〜 または Sounds 〜で「(聞いた感じだと)〜です、〜そうです」という意味です。Thatをつけてもつけなくてもどちらでも構いません。〜に形容詞を入れます。

That sounds great.
「いいですね」
Sounds fun.
「楽しそうですね」
Sounds boring.
「つまらなそうですね」
それでは会話文を見てみましょう。

 

A: I’m a graduate student.
私は大学院生です

B: Which school are you going to?
どこの学校に通っているんですか?

A: I go to ABC. I do neuroscience research.
ABCに通っています。脳科学の研究をしています

B: Wow, that’s great. What kind of things are you studying?
えー、すごいですね。どんなことを勉強しているんですか?

A: I’m researching depression at the moment.
今は鬱病の研究をしています

B: That sounds tough.
それは難しそうですね

解説:
graduate student「大学院生」
Which school「どこの学校」
go to ~「〜に通う」
do research「研究する」
neuroscience「脳科学」
study「勉強する」
depression「鬱病」
at the moment「今は/今のところ」
tough「難しい/きつい」

利用者10万人突破している英会話アプリでは英語→日本語→英語の音声が聞けるので空き時間に聞くだけで英会話が上達します

↓アプリのサンプルはこちら

ネイティブ1000人と作った英会話公式HP
https://english-native1000.com

実践的なリスニング力とスピーキングを短期間で上達したい方は利用者1万人突破している英会話教材「This is 英会話」がおすすめ!

↓サンプルはこちら

「This is 英会話」販売ページ
https://www.thisiseikaiwa.com