英語の発音が悪くて通じない時に役立つ英会話テクニックを紹介

スペルを聞く

今回は英語の発音が悪くて通じない時に役立つ英会話テクニックを紹介します。〜 as in …を使います。〜 as in …で「〜は…の〜です」という意味になります。…に自分が発音しやすい単語を使うといいです。

今回は英語の発音が悪くて通じない時に役立つ英会話テクニックを紹介します。〜 as in …を使います。〜 as in …で「〜は…の〜です」という意味になります。…に自分が発音しやすい単語を使うといいです。
例えば
P as in pen「PはpenのPです」
名前を言う時によく使われる表現です。自分の発音が悪くて伝わらない時にも役立ちますので使えるようにしましょう!
それでは会話を紹介します。

A: Please call me Hiro.
ヒロと呼んでください

B: How do you spell that?
どういうスペルですか?

A: H-I-R-O. H as in Harry, I as in Irene, R as in Ralph, O as in Oscar.
HIROです。HはハリーのH、IはアイリーンのI、RはラルフのR、OはオスカーのOです

B: Oh, OK.
なるほど

A: By the way, what’s the difference between “have got to” and “have to”?
ところで、have got toとhave toの違いは何ですか?

B: There’s no difference. They’re the same.
違いはないですよ。同じです

call ~ …「〜を…と呼ぶ」
me「私を」
spell ~「〜をつづる」
that「それ」
~ as in …「〜は…の〜」
same「同じ」

解説:

*How do you spell that?「どういうスペルですか?」は単語が聴き取れない時に役立ちますので話せるようにしておきましょう

*違いを聞く時にWhat’s the difference between ~ and …?「〜と…の違いは?」がよく使われます

 

利用者10万人突破している英会話アプリでは英語→日本語→英語の音声が聞けるので空き時間に聞くだけで英会話が上達します

↓アプリのサンプルはこちら

ネイティブ1000人と作った英会話公式HP
https://english-native1000.com

実践的なリスニング力とスピーキングを短期間で上達したい方は利用者7000人突破している英会話教材「This is 英会話」がおすすめ!

↓サンプルはこちら

「This is 英会話」販売ページ
https://www.thisiseikaiwa.com